お悩み解決!ニキビの後をキレイに消す裏技必見!!

いくつになっても悩める肌トラブルのニキビ。
ニキビに関するお悩みは、男女に共通するものになります。

辛いニキビの炎症が治ったとしても、今度はニキビの跡にアザが残ったり、黒色い素沈着が残ったり、または、肌の表面に凹凸が出来てクレーターになってしまったりと、炎症が治まった後も悩みが残りますよね。

時間が過ぎて消えてくれると嬉しいのですが、長期に渡りニキビ跡の赤みや色素沈着が残り気にされている方もかなり多く、またニキビ跡の凸凹のクレーターに関しては、できてしまったクレーターを最初の状態に自力で治すのは非常に難しいです。

http://www.seopmallorca2018.com/

ニキビの跡の種類と原因とは?

それぞれのニキビ跡の特徴と原因を把握した上で、効果的な消し方や治療をしていく必要があります

ニキビ跡が赤く残るのは、ニキビの炎症が治まりたての初期の段階で見られることが多い状態です。

炎症というのは、体を細菌から守るため、免疫反応が働き、自己免疫システムと病原菌が戦っている状態のことです。
同じ箇所に何度も繰り返し炎症ニキビができる場合、その箇所は何度も戦いの場のとなるので周囲の健康な部分にもダメージを与えてしまうので、ニキビの周囲にも大きなダメージを受ける事になります。

肌に傷や炎症ができると、自然治癒という毛細血管を集結させて治癒させるという方法が、体の仕組みの中にあり、ニキビができると自己免疫量が働き、ニキビの炎症を早く治そうとして、皮下組織の毛細血管を増やしてしまう事があります。

血管を通っているのは血液ですので、必然的にその部分の赤みが増してしまい、ニキビ跡が赤くなったように感じるのです。
自己免疫作用は、体の中で自然に起こる自然反応の為、ある程度の時間がたてば、日にち薬で赤みも徐々に収まってきます。

しかし、ニキビの炎症がひどく、皮膚の深い部分まで炎症が及んでしまうと、血管そのものが傷付けられてしまいます。
そうなると、肌の表面は治癒していても肌の奥には炎症が残ったままの状態になってしまうので、それが肌表面に透けて見え赤く見えるのがニキビ跡の赤みの原因なのです。

ニキビ跡の赤みを少しでも防ぐ為には、できるだけ炎症を最小限に抑え、刺激を与えすぎないように気をつけましょう。
また、ニキビ跡の赤みは初期段階の事が多く、これからまだ時間と共に赤みが引いてくることもあるのであまり気にしすぎない方が良い場合もあります。