お肌の曲がり角ならぬ髪の曲がり角

現時点の私はアラフォー。肌20代の頃とは肌質もすっかり変わってしまった。変わったのは肌だけではなく、大概の女性が意識する髪の毛もだ。髪の悩みも若かった頃とは変化してきた。20代の頃、私は回の毛が太いことに悩んでいた。一本一本が太いのだ。女性らしい柔らかい印象のヘアスタイルに憧れて私は、社会に出て一人暮らしを始めたのを機にパーマを掛けてみた。ロングヘアの根元はそのままに毛先側にむけてパーマを掛けた。

MEDULLA(メデュラ)シャンプーの効果と口コミ評価!最安値で購入可能な通販サイトは?

その時の私のイメージはふわっとした髪の毛が揺れるはずだったのだが、いかんせん私の髪の毛は太い。毛が太いためにパーマもかかりにくいと想定したのだろう、美容師さんはきつめ且つ時間も長めに掛けてくれた模様。仕上がりは、スパイラルパーマに近い物になっていた。

もし、パーマを根元から掛けていたら完全に音楽室にある肖像がみたいになっていただろう。この髪型では仕事に行けない。せっかくパーマを掛けたのだが、ゴムで縛ってまとめる日々を過ごすことになった。因みに髪が太いからか?カラーも入りにくく、カラーリングには一度脱色してから色を入れねばならなく、毛根と逃避へのダメージはかなりの物だったように思える。20代の頃はさんざん太くてボリュームが出すぎる髪の毛に悩まされていた自分だが、今は逆にボリュームがないことに悩んでいる。

毛も一本一本がやせてしまいペシャンとしているのだ。嘘みたいに真逆の事に悩まされている。今は自分の毛髪に極力ダメージを与えないためにパーマもカラーも施さないようにしている。グレイヘアが流行って良かったかもしれない何て思っている私がいる。