毛包(もうほう)とは一体何なのかというと

毛包(もうほう、英語: hair follicle)は、毛を産生する哺乳類の皮膚付属器官である。毛の産生には幹細胞が関与している。

毛包のうち、皮膚表面から見ることのできる部分は一般に毛穴(けあな)と呼ばれています。

http://cityleaders.org/

人の肌の1cm四方には、少なくとも20個はあるという。発毛以外にも毛包の役割は幾つかあるが、いずれも体内から体外へと放出する役割をもつ。皮膚呼吸はこれの代表で、水蒸気などを発散している。また皮脂も分泌されるが、皮脂が毛穴に溜まると角栓となって毛穴を塞ぎ、毛穴の機能を低下させる。また、恒温動物にとっての毛穴の重要な役割として体温の調節のために汗を発散することが挙げられる。これは汗腺から分泌された液体です。

「化粧品の歴史を見ていくと」
元来は化粧に使う水のことを指し、日本で化粧水が浸透し始めた江戸時代には、基礎化粧品としてではなく、メーキャップ化粧品の1つである化粧下地、白粉の溶き水として使われた。

日本国内では、化粧水と乳液を同時に使用することが一般的であるが、欧米では日本の化粧水に当たる物を使用しないことが多く、日本以外の化粧品メーカーの中には、化粧水を主に日本向けとしてラインナップしているメーカーもある。例外的な使用法として、粘度の調整や使用し易さを向上させる目的で、ファンデーションや白粉に化粧水を加えることもある。

「ニキビを作らないために努力すべきことは」
それはいろいろあると思いますが、まず正しい時間に寝て正しい時間に起きると言うことがまず1つとしてあります。これは常識的なことだと思いますし、こちらのような常識的なことが出来ていないと、昼夜逆転の生活などを送っていると(夜勤の人は仕方ありませんが)だんだんおかしなことになってくるのではないかと思います。