私が経験したニキビの年齢ごとの変化

私がニキビに悩み始めたのは中学三年生の頃。前髪で隠れていたおでこに次第に赤くぷつぷつとニキビができるようになりました。それまで肌にほぼ悩みのなかった私はどうしていいかわからず親に相談したのを覚えています。そして、この年代でのニキビは成長期に見られる『皮脂の過剰分泌』が原因であるとわかり、同じ年代の子に多いことに安心しました。そして、

効果あり?ビハキュアを使用した口コミを暴露!

私はその後高校に進学しましたがニキビはよくなることはなく、友達になかには高校生になって少ししたら治る子もいるのにどうしてだろう…と感じていました。皮脂の分泌というのはホルモンに関係しているため、人により個人差が大きいのです。とはいえ早くニキビをなくしたかった私は洗顔や化粧水などを見直したり、生活習慣を見直したりしたものの、あまり良くなりませんでした。今考えると、高校までにできたニキビは思春期ニキビであり、Tゾーン(額から鼻にかけて)、こめかみ、頬骨のあたりなどの皮脂の分泌が多いエリアにできていました。

高校から大学に進学したちょうどそのころ、おでこにニキビができなくなっていきました。このまま治るかもしれない…と少しうれしかったのも束の間、今度は顎付近や頬など、フェイスラインにできるようになっていきました。思春期ニキビではなく、大人ニキビへと変わっていたのです。大人ニキビはメイクのおとし忘れにきびを気にして過剰にケアしてしまったりなど、肌に直接関係する原因もあれば、睡眠不足、食生活の乱れなどの間接的な原因もあります。またこれも個人差があるため、ほかの友人の肌にニキビ一つないのを見て悲しくなったりしました。

私は今のところニキビに悩み続けており、どうしたらよくなるか今でも模索しています。これから年を重ねてニキビにもまた変化が出てくるのかもしれないし、もしかしたらホルモンバランスが安定したりしてよくなっていくかもしれません。今後も自分の肌としっかり向き合っていきたいと思います。