冬の乾燥は洗顔がポイント!正しい洗顔の仕方

冬は湿度が低く肌が乾燥する上に、エアコンの風でさらにパリパリに。どんなに朝晩スキンケアを頑張ってもなかなか潤う肌をキープするのは難しいです。パックをしたり保湿力の強いクリームを使ったりと冬はなにかとお手入れに気を付けますよね。実は乾燥対策には洗顔が大切なポイントです。

シルクリスタの効果を3ヶ月間検証!効くのか効かないのか私の口コミをこっそり暴露!

クリームやパックで潤いを足していくのも大事ですが、本来の肌の潤いを守っていくことも大切なんです。肌はもともと自分で潤いをキープできる力を持っています。その力は加齢とともに低下はしていきますがそれでも潤う力は持っているのです。その潤う力を引き出す洗顔方法があります。泡で洗うこと、そしてお湯の温度です。

まず、洗顔をしっかり泡立てることが重要で両手で抱えていっぱいになるくらいしっかり泡立てましょう。十分に泡立てなかったり、泡が少なくなるとその分肌への摩擦が増え、結果的に潤いを洗い流してしまいます。

少し手間ですが清潔な泡立てネットを使用するか、泡で出てくる洗顔を使いましょう。そして洗い流すときの温度です。ぬるま湯、人肌などは聞いたことがあるとは思います。人肌とは約37度ですので手で触っても熱くなく冷たくない温度です。顔を洗い流すときはシャワーの温度設定を下げて手で温度を確認してから、しっかり洗い流しましょう。

たくさんの泡で洗い人肌温度のお湯で洗い流せば洗顔後のツッパリ感がありません。冬の乾燥対策にぜひ正しい洗顔を取り入れてみてはどうでしょうか。