意外と知らないデイリーヘアケア法

毎日のヘアケアどうしてますか?
シャンプーで髪を洗い、トリートメントやコンディショナーで保湿する。
誰もが知っているお風呂でのケアですよね。
定期的にサロンに行ってお手入れが出来ればいいですがお金も時間もかかってしまいます。
そこで、いつものルーティンでも少し見直してみましょう。
それだけでサロン帰りの髪を長持ちさせることができますよ。

http://www.novelisimo.com/

まず、髪をブラッシングします。絡まりをほどき、髪についたほこりなどを落とすことでシャンプーしやすくするのです。
次に髪の予洗いを入念に行いましょう。
熱すぎない温度のお湯で頭皮から毛先にかけて洗い流すことで約半分の汚れを流すことが出来ます。

そしてシャンプーをしていきます。髪につける前に掌で十分に泡立てると髪に余計な負担を与えず洗えるのでお勧めです。
頭皮と髪の毛全体になじませ、指の腹を使い軽くもむようにマッサージしていきます。
シャンプーを十分に流し終えたら、トリートメントかコンディショナーを使用します。
トリートメントは髪の内部を修復する役割があるのに対し、コンディショナーは髪の表面を整えて保湿する役割があります。
その時の目的に合わせて選ぶといいでしょう。
トリートメントやコンディショナーは頭皮に直接つけると油分が多くべたついてしまったり、毛穴に詰まりやすくなったりします。
毛先から髪の中央部分にかけて使用するのがおすすめです。
ぬめりがなくなるまでしっかりと洗い流していきましょう。

流し終わったらしっかりと水気を切り、タオルドライしていきます。出来る限り水分を抑えタオルで髪をはさむように押さえます。
濡れた状態の髪の毛はキューティクルが開いていてとてもデリケートです。
ごしごし擦ることはNGなので気を付けましょう。
ある程度水分が取れたらドライヤーで乾かしていきます。
髪から15cm程離したところから温風を当てていきましょう。
まず後頭部や髪の根元から当てていくと早く乾きます。
毛の流れに沿って上から下に風を当てるように乾かしていくとまとまりやすくなるでしょう。

毎日何気なくしていたヘアケアも少し変えてみるだけで仕上がりもぐっと変わってきますよ。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

太くてパサつき、うねりのある髪

私の悩ましき太くて、ボリューミーそしてうねりのある髪質は中学生の頃から悩んでいました。そして、現在は、年齢とカラーリングやパーマなどによるパサつきも悩みのひとつに加わりました。

http://rt2005-chauffage.com/

中学生の頃は、お小遣いの額も少額だった為、太くてボリュームのある髪を少しでも押さえつけようとお風呂上りにタオルで頭を押さえて長時間過ごしたりしていましたが、直ぐに髪を乾かさないと雑菌が増える事をしりヘアピンを大量に止めたりして誤魔化していました。

もちろんそんな事で私の髪質はビクともせずにヘアピンを外すといつもの髪に戻っていました。働き始めお金に余裕が出来、ヘアオイルやシャンプー・トリートメントを色々試し、また美容院やネット等で情報を入手し髪に良いと思うものは全て試してきた結果、うねりは敢えてパーマを緩くかけてみたり、またヘアアイロンで多少改善してきましたが今度はパサつきが気になるようになってしまいました。こちらを実践すればあちらを代償にといたちごっこのような状態です。

ですが、美容院の先生から髪を傷めない方法や髪に良い食材なども聞き、今は諦めずに髪にプラスになる行動を実践しております。自分に合ったものを探すのは大変ですが、今の現代社会、情報の入手さは優れていると思いますので日々勉強で髪を傷めないように頑張っていきたいと思います。

頑固な直毛のせいで幼稚園時代から同じ髪型

私の髪型は黒髪ストレート、親譲りの超直毛です。
…と、言うと良く羨ましがられるのですが、頑固な直毛のせいで私は産まれてこのかたほとんど同じヘアスタイルしか楽しめていないのです。

まず前髪は常にパッツンスタイル。
どんな美容師さんにカットしてもらっても、伸ばして色いろなスタイリング剤を試してみても…絶対に下しか向きません!分かれてくれないのです!
しかも前髪の生え際に(昔の篠原ともえさんのような…今の子分かりますかね?笑)どう処理して良いか分からない生毛があるので、ヘアバンドで後ろに持っていっても何だか変なのです。

http://onestop-ex.jp/

バックスタイルも長さが変わるだけで常にボブかロングのストレート。何故ならパーマが絶対にかからないから!
学生時代にデジタルパーマを、アルバイトで貯めたお金で1万円以上かけて試してみた時の事です。
普通のパーマにはとっくに失敗していたので、当時下宿にかかる生活費をアルバイトでまかなっていた自分にとっては高額なデジパーをわくわくしながら施術…。
しかし、結果はチリチリしただけで翌々日にはほぼ元どおり…。もちろん当日シャンプーしたりはしていません。
美容師さんには髪の悩みを話していて、打ち合わせでも確かにかかりにくそうだとの事で、施術後何日かなら無料でもう一度デジパーをかけてもらえる事になっていたのですが…。実は頭皮が弱かったらしく、強力なデジタルパーマの薬剤で頭皮はものすごく痒くなり皮膚科に行く羽目に。とても期間内にもう一度デジパーをかけられるコンディションには戻りませんでした。
美容師さん曰く、何度もパーマやカラーを繰り返して髪を痛めつければパーマもかかると思うよ、と言われましたがそこまでする気にもならず…。

結果、30過ぎた今も幼稚園時代と同じ髪型。ちなみに成人式も結婚式もボブでやり抜きました。長い期間この髪型で生きてきたので、人生の節目に別の髪型にチャレンジする勇気は私にはありませんでした。

良い事と言えば、美容室はいつも同じスタイルなので担当の方もスピーディーに対応してくれて、2歳の息子を待たせない事。
街中で昔の友人とばったり会った時に向こうがすぐに気がついてもらえる事、そして「昔と全然変わらないね」と言ってくれる事です。たぶん髪型のせいですね。

癖毛の方と比べたら、高価な縮毛矯正をしなくて良いだけ贅沢な悩みなのでしょうか?

大量の抜け毛が再びと

歳も取り、ある日、私がブラシで髪を整えていたら再び髪が大量に抜けてしまいました。しかも右後ろの髪が一気に、引っ張るかのような抜け方だったので、「またこんなことになるとは」と思いました。

今までの髪が抜けていくパターンを考えていけば、最終的には一部分が円形に禿げてしまっているので、やっぱり「若禿げ」の一つなのかな、ともふと思うほど悩みました。http://mmdh.jp/

訳あってインターネットで一度薄毛について調べた時の事を思い出すと、私のように一部分だけごっそりと抜けていき、最終的には硬貨程度の大きさの円形状に禿げる状態の事を「10円禿げ」と呼ばれ、若禿げの一つに数えられていたことが現状と重なって、本当にまたなってしまったなとため息をつきそうにもなりました。

幸いにも左側の髪は全く異常がなかったのですが、どうしても右後ろだけ何度もかゆくなってしまいます。

その翌日になると、ヘアブラシを使う頻度が多くなってしまいました。もちろん、そのたびに右後ろだけだんだん禿げていってしまい、あまりにも痒すぎて平たいものに痒い部分を当てたり、保冷剤で痒い部分を冷やしたりなど試行錯誤したりもしました、しかし症状はどんどん悪化していくだけです。

もちろん原因はいつもの炎症からなっていました。ヘアブラシを使うたびに「ドラッグストアで『ムヒHD』みたいな頭皮の薬が売ってあればいいのに」という理屈を言いたくなります。